改葬(お墓の引越し)について

故郷にお墓はあるが遠いため、なかなかお参りに行けない。
このままではお墓は荒れ放題になってしまう・・・。
このように先祖代々のお遺骨をお守りできない時に、
お住まいの近くにお遺骨を移すことを「改葬」といいます。

故郷のお墓を、ご自宅の近くへ

生まれ故郷を離れ、今のお住まいを第二の故郷にされている方は、大変多くいらっしゃいます。

「自分は長男。故郷の先祖代々のお墓がある」という方にとって、避けては通れない大きな問題があります。
「自分が元気なうちはいいが、この先高齢になったら、遠い故郷のお墓参りには行けなくなる・・。また子供たちの代になった時、お参りに来てくれるだろうか・・。自分の兄弟・親戚との付き合いは、今より疎遠になるだろう・・・」。

お墓参りをちゃんとしたいという気持ちはあっても、将来のことを考えると、今のお住まいの近くにお墓を移したいと考えるのは、自然なことといえるのではないでしょうか。

しかし、いざ『お墓を移す(改葬)』となると、今も故郷にお住まいで、お墓をお守りになさっているご兄弟や親戚は、何とおっしゃるでしょうか?
多くの場合、反対されます。
ご先祖様のお墓が(移って)なくなってしまえば、困ります。当然のことなのではないでしょうか。
このようなケースでは、「分骨」という方法で、ご自宅に移すことで決されます。

また、奥様がひとり娘で、ご自分の両親のお墓が遠い地方にある、という方もいらっしゃいます。
この場合、いずれは奥様のご実家のお墓もお守りしなければならない立場にあるのではないでしょうか。
が、将来、子供たちの代になった時、ふたつのお墓参りを託すのはあまりにも負担が大きくなってしまいます。
このようなケースでは、ご夫婦のご両親のお墓を、「合墓」として一緒にお守りする方法があります。
子供たちに迷惑を掛けず、安心して託すことができ、自宅からも近くなるのでいつでも会いにいけるようになります。

これが「お墓は近くが一番」と言われる所以なのではないでしょうか。

高齢者社会を迎えている現在、
お近くのお墓は、いつまでも空いていないのが現状です。

kaisou3.JPG

ページ先頭へ戻る